About Us

OUR STORY

私たちが目指すもの

OUR STORY

写真家である私たちは、バルセロナに拠点を置き、世界中を旅してきました。2010年には写真集「JAPAN/日本」出版のため、365日間キャンピングカーで生活しながら日本全国を巡りました。写真集を2011年に出版後、翌年バルセロナでフォトギャラリーレストラン「AKASHI GALLERY(アカシギャラリー)」を創設しました。その後も次の写真集作製のため、アカシギャラリーを経営しながらバルセロナから毎年日本での撮影を続けるなか、2019年、縁あって京都の美山でこの築110年の古民家に出会いました。深い山に囲まれ、心地よい風が谷間を通り抜け、美しい川沿いに集落が点在し、夜空には満天の星空。現在は瓦などで覆われるものの、屋根の高い茅葺き古民家。それは私たちが探し求めていた理想のカーサ(スペイン語で「家」の意)にこれ以上なく近いものでした。

「家(カーサ)」とはなんでしょうか。それは、物質的な大きな家、小さな家、といった家ではなく、心安らぐ「場所」や「空間」だと私たちは思います。それは、人間の毎日の生活で一番大切なもののひとつです。現代社会では都市への人口移動によって田舎の過疎化に歯止めがかかりません。確かに、都市には仕事がありますし、田舎よりも便利で何不自由のない生活が送れるかもしれません。では、なぜ人間は時々、海を見たくなったり、山を見たくなったり、星空を見たくなったりするのでしょうか。なぜ私たちは美しい自然を見て心が安らぎ、美しい高層ビルをみても心が安らがないのでしょうか。これは、私たち人類に埋め込まれたDNAのせいかもしれません。

スペインでは、多くの人たちが田舎にセカンドハウスを持ち、週末には街を離れます。セカンドハウスを所有しない人たちは、友人や家族と一緒に、カーサ・ルーラル(スペイン語で「田舎の家」の意)と呼ばれる、田舎の一棟貸し(石造)古民家をよく借ります。ですから、毎週金曜から土曜にかけて下りの高速道路は渋滞し、日曜日の夜は上りが渋滞します。夏休みには数週間〜1ヶ月間借りて、休暇を田舎でゆっくりと過ごします。彼らは決して都会の生活に否定的である訳ではありません。しかし、渋滞に巻き込まれても彼らは週末には田舎を目指します。それは、普段の快適な生活の「拠点」と、心安らぐ「家(カーサ)」を使い分けているように見えます。

日本も徐々にそういうライフスタイルに変わっていくかと思われます。たとえ都心で快適な住居に住んでいても、休みにはちょっと不便な田舎へ遠出して自然の中で生きている自分を感じる。そんなライフスタイルを送る人たちの「家(カーサ)」になるために、私たちは京都の田舎、美山にある築110年の茅葺古民家を改修しました。私たちの古民家が日本版の「カーサ・ルーラル」として役立ち、そういうライフスタイルを推進する役目を担えれば幸いだと思います。

2020年6月 CASA MIYAMA オーナー 森本徹、ティナ・バゲ

CASA MIYAMA オーナー

ティナ・バゲ

写真家
バルセロナ出身。トラベルフォトグラファーとして世界各国をめぐり、スペインを始めヨーロッパの雑誌で作品を掲載する。2002年から日本を主に撮影する。2011年写真集「JAPAN/日本」を森本徹と共著で出版する。

森本徹

写真家
兵庫県出身。長年ドキュメンタリー写真家として世界で活躍してきた。近年、プラチナプリントや湿板写真といった古典写真技法で作品を創作する。2020年、彼のプラチナプリント写真集「SHIZEN」がイタリアの出版社から出版される。